私とアルの365日

40代、管理栄養士●日能研、中学受験、注文住宅を中心にブログで発信中●http://365.kivismile.com●病院、介護施設などに従事➡︎出産を期に退職➡︎育児に専念➡︎栄養事務のパートとして復帰➡︎現在4年生の息子と1年生の娘の子育て真最中●キャンプブログはリンクからどうぞ

私がiMacを購入した理由 Apple製品の連携で快適生活

こんにちは。kiviです☺︎

先日欲しいもの妄想ベスト3についてお話させていただきましたが、ついに購入しました。

 

 

f:id:kivi06100601:20200523205512j:plain



 


美しいモンスターこと

 

憧れのiMacを購入することができました。

 

そこで今回の記事では我が家がiMacを選んだ理由を中心に、 

 購入するまでに私がいろいろと検討したポイントについてお話ししていきたいと思います。これからPCを購入する方や買い替えを考えている方の参考になれば嬉しいです。

■今回購入したiMacのスペック

21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル小計¥ 174,800
送料無料¥ 0
消費税¥ 17,480
ご注文合計¥ 192,280

 

システム構成:

3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)

8GB 2,666MHz DDR4メモリ

Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ搭載)

256GB SSDストレージ

Magic Mouse 2

Magic Keyboard - 日本語(JIS)

 
■なぜパソコンを買い換えたのか

 我が家がこれまで使っていたPCは、東芝Dynabook。購入してからもう10年以上経過したノートPCでした。いままでのPCの使用用途としては、年賀状の作成とたまにブログの更新(1年以上できていませんでした)、子どもがスクラッチでプログラミングを少し。ほとんど使ってませんね😅そのため、日常生活ではスマホだけでほとんど困らないんですよね。10年前のPCだと、起動させるだけで5分くらいかかりますし😤もう我が家にPCは必要ないのかなと考えていました。しかし、今年の4月に入ってブログを再開してからは、頻繁にPCでブログ執筆するようになりました。文字入力はPCの方が早いですし、ブログの細かいカスタマイズはスマホではできないためです。その際、PCの起動に5分、ブラウザの起動に5分くらいかかり、その他にも頻繁にフリーズが発生することが多く、ストレスが溜まっていきました。また、子どもが動画編集をして、YouTubeへ投稿したいという希望もあり、親としては、いつかやらせてあげたいなと考えていました。

これらの理由から、これまでPCなんてもう必要ないと主張していたパパの説得に成功し、PC買い替えに向けて本格的に行動をはじめました。

 

 

f:id:kivi06100601:20200521181918j:plain

このワークスペースを見るだけでテンション上がります。


iMacを選んだ理由

・インテリアとして完璧なデザイン

これまで私もパパもWindowsしか触ったことがなく、Macは未知の世界でした。しかし、私はPCもインテリアの一部としてデザインを重視したいと前々から考えており、今までのPCは色が赤だったのもずっと不満でした。(赤を選んだのはパパでした)。次にPCを買うなら絶対にスタイリッシュなAppleがいいと決めてました。

iPhoneiPadとの連携が便利

Apple製品はiPhoneiPadを使っているので、機能面では全幅の信頼を寄せています。カレンダーなど様々なiPhone標準アプリが連携できてiMacの大画面で使えるのが本当に便利ですし、iCloudを使えばiPhoneで撮った写真や動画が一瞬でiMacに共有されるので、ブログの写真を加工して貼り付ける時も簡単に素早くできてしまいます。

 

f:id:kivi06100601:20200521181823j:plain

iMacのおかげでデスク周りがシンプルになりました。



・パパの意見(もっと安いので十分じゃないのか)


どうしてもコスト面で節約家のパパと意見が対立しました。パパはAppleは割高で、DELLLenovo、hpのノートPCだったら、そこそこのスペックでも5万円くらいとの主張。私はPCなど機械のことについてはまったく知識がないため、そんなものかと納得して(本当は納得していませんでしたが)パパに任せることにしました。するとパパの方でピックアップしてきた候補がこちら。

 

Dell Inspiron 14 5000 プレミアム Ryzen 5・8GBメモリ・256GB SSDRadeon Vega8搭載モデル

②HP Pavilion 13-an1000 価格.com限定 Core i5&256GB SSD&メモリ8GB&フルHD&タッチパネル搭載モデル

Lenovo IdeaPad S145 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・15.6型フルHD液晶搭載 81UT00HUJP

※当時の価格.comの人気売れ筋ランキングのモデルです。

↓ちょっとモデルが違うかもしれませんが、こんなイメージです。

Dell【受注生産モデル】Windows10搭載 プレミアム AMD Ryzen5 8GB 256SSD 14.0インチ FHD Inspiron-14-5485 ノートパソコン[新品]

 

 

 

 

 

 

 

・HP All-in-Oneもカッコいい

 

PCの用途はほぼブログ執筆なので、価格が安く、そこまでのハイスペックが必要ないと考えればこれらの格安PCも悪くないかなと思いました。ノートならデザインもAppleとそんなに変わらないかなと思いますし。

 でもなかなか気持ちの整理はつきません。諦めきれずに、価格ドットコムでいろいろさがしていたところ、hpのデスクトップでデザインが私好みでコスパの良いこちらのモデルがありました。

 ノートよりは少し高いですが、画面が大きかったり、DVDがついていたりと、付加価値も多くありそうです。パパはノートの方が家の中でも持ち運びできて便利と主張していたのですが、実際にPCを使うのは私で、実際はワークスペース以外で使用することはないと判断しました。(ワークスペース以外では、iPadiPhoneがあれば大丈夫です)パパもこれなら良いよということで、決まりかけたのですが・・・・しかし、ここで問題が発生しました。メーカーに在庫がありません。厳密には受注生産で納期が数ヶ月先になってしまうようです。hpなど海外メーカーは注文を受けてから製造して出荷する受注生産なのですが、メーカーのオンラインショップで、ほとんどのモデルの出荷予定日が数ヶ月先になっていました。価格コムの口コミでも注文から納品まで数ヶ月待ちとのコメントがありました。hp以外のDELLLenovoでも探したんですが、やはり納期はかなり先になるようです。(新型コロナの影響で生産が止まっているのでしょうか?)我が家ではブログ執筆のために一刻も早くPCが必要と感じていたため、納品まで数ヶ月待ちというのは、ちょっと考えられませんでした。せっかく安くて気に入ったものが見つかったと思ったらまた振り出しに戻ってしまいました😢

 ↑今画像探していたらAmazonで売ってました😅これの白がいいなと思いました。


しかし、格安PCが消えた今残った選択肢はAppleだけでした。パパも買えないものは仕方ないと納得し、私の当初からの希望のiMacを購入する方向に決まりました👏。せっかくなら実物を見てから購入したいと考え、さっそく近所の家電量販店のケーズ電気へ向かったところ、まさかのApple製品取り扱いなしとのこと。最近ネットショッピングばかりで、実店舗で買い物することがなかったのですが、Appleならどこでも買えると思ってました。気を取り直してApple取り扱い店舗を検索すると、近所のヤマダ電機がヒットしました。念のため在庫の問い合わせをしたところ、またもや在庫なし。その後数件の量販店へ問い合わせたところで理解できたのですが、量販店で購入できるのは標準仕様のMacだけでした。つまり、メモリやSSDの増設などのカスタマイズはApple Storeでしかできないのです。我が家の希望のスペックはほとんど標準仕様なんですが、唯一ストレージだけは標準のフュージョンドライブではなくSSDドライブにしたかったので、Apple Storeで注文するしかないという結論に至りました。量販店であればポイントが1万円近く付与されるので、かなり迷いましたが最終的にはSSDをとることにしました。

■ストレージはSSDにこだわった理由

iMacについて調べた結果、フュージョンドライブは使っているうちに段々遅くなるみたいです。古いMacでHDDだと起動などが遅いというのを良くみます。それから、古いMacでもSSDへ換装するだけで動作が爆速になったというものもありました。やはりHDDとSSDを比較すると動作速度はSSDが圧倒的に早く、使用年数が増すほどにその影響は大きくなりそうだなと感じました。ちなみに、現在のiMacのほとんどのモデルで標準仕様となっているフュージョンドライブというのは、1TBのHDDと32GBのSSDを組み合わせて、起動に必要な部分はSSDで高速起動、動画などの記録は大容量で安価なHDDを使うという良いとこ取りなドライブです。使い始めはたしかに動作が速いようなのですが、、使っているうちにSSDの32GBはすぐに埋まってしまうようで、そうなると普通のHDDみたいにモッサリしてくるようです。我が家の購入したモデルだとフュージョンドライブ(1TB)からSSD(256GB)への変更がプラス1万円でできたので、迷わずSSDを選びました。256GBでは容量不足なのですが、1TBのSSDにするとプラス5万円で高いので、安価な外付けのSSDで増強しようと考えています。バッファローなどのSSDなら1TBで1万円程度です。

 
■メモリは8GB、本当は増やしたかったけど

メモリについてもできれば16GBや32GBにグレードアップしたかったのですが、高価なため(16GBだとプラス20,000円、32GBだとプラス60,000円)断念しました。iMacの27インチモデルであれば、後からメモリの増設が可能で、しかも純正より安いメモリが自分で取り付けできるので、かなり迷いましたが、27インチモデルはやはり高価(198,800円(税別))になってしまうため、今回はブログ執筆用のマシンと割り切って、8GBにすることに決めました。息子が動画編集する際にどれくらい差がでるのかわかりませんが、やってみて厳しいようであればその時考えようと思います。まだ、どの程度動画編集をするのかが未知数であるため、初めからそんなに高価なPCを買う必要もないかなと考えました。

 
■他のメーカーは納期が1ヶ月以上先なのに、Appleは一週間で納品

さすがAppleですね、このご時世でも納品は1週間程度で可能とのことでした。ちなみに、iMacは中国から出荷されているようです。ただし、MacBook Airの納期は1ヶ月ほど先となっていました。

 

■資産価値が高い

購入してから気付いたのですが、もし数年後に、もっとスペックの高いPCで動画編集したいとか、写真の加工をしたいなど、どうしても買い替えが必要になった場合や、7、8年使用してから買い替えるという場合でも、iMacであればメルカリなどで高く売却ができそうです(結構古いMacでも取引されていました)。高く売却できれば、購入価格が高くても実質的なコストを抑えることができますので、コスパ的にもMacは優れていると言えるのではないでしょうか。

例えば19万円で購入したとしても、2年後に10万円で売却できれば実質コストは9万円になります。もしくは、8年後に3万円で売却できれば実質コストは16万円ということになります。これだけのコストで高性能なiMacにより生産性が向上すると考えれば、逆に安いと考える事もできるのではないでしょうか。

 

f:id:kivi06100601:20200521184340j:plain

キーボードとマウスも美しいですね。



■まこなり社長も購入していたから

最近気に入っているYouTuberのまこなり社長が最近iMacを購入したと聞いて、つい影響されてしまいました。やっぱり有名人がおすすめしていると欲しくなってしまいますよね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

私はApple信者というわけではないと思うのですが、それでもApple製品は私にたくさんの感動を与えてくれます。選んでいる時、到着を待つ間、箱を開封する瞬間、電源を入れる瞬間、そして実際にさわって動かした時、常に私の想像を超えた感動をもたらしてくれます。使えば使うほど、どんどんAppleが好きになっていきます。本当に購入できて幸せです。

 

皆さんにもiMacの素晴らしさが伝わりましたでしょうか。これから購入しようとされている方、迷っている方に少しでも参考となる情報があれば嬉しいです。

 

読んで頂きありがとうございました。

kivi

 

iMacが欲しくなったという方はこちらからどうぞ。

いろいろなスペックがあるので、ご自身の好みに応じて選んでくださいね。

  ↓ ↓ ↓

 

↓↓↓↓応援お願いします☺︎↓↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村 ↑↑↑ブログ村ランキングに参加しています。
「読んだよ~」のしるしに上のバナーをクリック応援していただけると嬉しいです。
お手数ですがよろしくお願いします。

 

↓↓↓↓息子ルイのブログです!

    良かったら見てください♫↓↓↓↓

 

↓↓↓↓ファミリーキャンプブログです!

    良かったら見てください♫↓↓↓↓